FC2ブログ

2015.3.14念願のマイホームでの生活が始まりました。面倒くさがりでも暮らせる可愛いお家と日々のあれこれ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
我が家は無塗装の木製建具を採用しているのですが、自分たちで塗装をします。

*建具→WOOD DEPOTさん
*塗料→CHALK PAINT

ドア本体はもう少し先ですが、今回はひとまず枠を塗ってきました☆

家の建具すべてが同じ色ではないのですが、枠だけは白色で統一。
というのも、開き戸はそれほど変わりませんが、引き戸を色つきの枠にした場合枠だけが目立ってしまうから。
それをアクセントとする手もありますが、私としてはそこは目立たない方がいいと思ったので。

あとは、枠を塗るまでに完全にすべてのドア色を決めてしまわないでも大丈夫というちょっとした逃げですねw

週末に2人で塗る予定だったのですが、急遽左官さんが入ることになり(一部の部屋だけ珪藻土)、その前に塗装しなくてはならなくなったため私だけで行ってきました。
もとい、1歳の息子と2人です(・_・;)

本当に幸いなことに義父が今月1ヶ月だけお休みだったので(定年退職後の復帰猶予?として1ヶ月だけお休みを取るらしい)、息子を託すことができました。
息子がいてはとてもじゃないですが作業どころではないので本当にありがたや……。


それはさておき、塗装の様子をざっとお伝えしていきます。

その前にまずは基本情報を……。

私は超絶不器用です。 

いや、謙遜じゃなくて。

仕事の作業着が破けたと言われて繕ったら、「ここまで(ひどい)とは思わなかった」と言われました。
標準製作時間1時間と書かれたキットを使ってスタイを作ったら6時間以上かかって、しかも難しくてどうしてもできない部分を旦那サマに代わりに縫ってもらいました。

……そうです。ガチでヤバイやつです(-_-;)

そんなやつが無謀にも挑んだ施主施工、生あたたか~い目でご覧くださいw


塗装前の枠はこんな感じ


まだクロスも珪藻土も入っていないので、床部分にだけマスキングテープで養生をします。
0203-4.jpg
ぐっちゃぐちゃw
(どう考えても無駄にマステを使いまくってることは明らか)

こんなんですが、すごい時間かかってます。
見本で兄がやってくれたときはちゃちゃちゃっと1か所が終わったのに、私がやると数十分かかるという…。
 ※大工は父と兄です。

「今日中に塗装に入れるんか?w」と茶化されながらもせっせと頑張りましたが、1時間が経過した時点で数ヶ所しか貼れていない現状に直面し、いさぎよく諦めましたw
とりあえず急ぐのは左官さんが入るところなので、そこだけでも塗ろう!!と養生は途中止めにして塗りに入る。

で、これまた1時間以上かけて塗った初作品がこちら
0203-1.jpg
脱衣所です☆

初めだから目立たない2階が良かったけど、2階は作業中で塗らせてくれなかった(・_・;)

恥ずかしながらアップ
0203-2.jpg
クロスが貼られるのをいいことに、はみ出しが遠慮ないw

でも後になって「ここにあんまりつけたらクロスの糊がつかなくなる」と言われました。
「こんなにベタっと塗ったんか~(・_・;)」とも言われました。

自分としては苦戦しつつも割といい感じに塗れたかも♪と思っていたのですが、ダメ出し多いわ~。

1日目があっという間に終わってしまったので、翌日も来ることに…。

昨日のベタっと事件wを受け、『水を多めにして下塗り→濃いめに仕上げ塗り』の2段階で塗るよう指導が入ります。

下塗りは少々塗れていない部分があってもいいからさらっと塗る、と言われて塗ったのがこちら
0203-6.jpg
下手過ぎて意図せずシャビー感w

写真で見ると割といい感じに見えますが(そうか?)、実際は思わず笑っちゃうくらいひどかったですw

取りつけられてる枠は立体的で塗りにくい!!!と切に訴えたら、兄がまだ取り付け前の枠を置いた状態で塗らせてくれました。
父は終始「取りつけてからの方が塗りやすいんだ」と言い続けていましたが……(・_・;)

平面で塗ったのがこちら
0203-7.jpg
念のために言っておくと同じ下塗り状態です。
全然違うw

ちなみにリビング。一番キレイに仕上がってほしい場所が取付前で良かったと心から思いましたw

この結果を受けて、
「お父さんは取り付けてからの方が塗りやすいのかもしれないけど、私は絶対平面の方が塗りやすい!!」と伝えると


父「そりゃそうだろ。誰でもそうだわ」


なんじゃそりゃ――――――-(@Д@) (横で兄爆笑)


知ってるよ、こういう男だってことは嫌ってほど知ってたさ。

「別に今すぐこれしなくても。先に塗らせてやればいいやろ」と兄は何度か抵抗を試みてくれましたが…。
自分の中での段取りが狂うのが嫌なんでしょうね。せっかちな人なんで。

その時点で取付前だった数点も他を塗っているうちにちゃっちゃか取付られていき(私がどちらが塗りやすかろうと関係なし)、結局平面で塗れたのはリビングだけでした(T_T)父よ…
しかも塗る前に巾木とかじゃんじゃんつけていってより塗りにくくしやがる。こんにゃろう。


当初
「普通は1日あれば塗れるだろうけど、お前がやるなら2日くらいはかかるんじゃないか」
という話でしたが、3日間通ってもまだ半分以上が手つかず(^_^;)

結局週末に旦那サマも参戦して何とか塗り終えました。
初日なのに4日目の私の3倍くらい早いしキレイ!!(養生も早いw)
自分の無力さを痛感しつつもw、まぁ結果オーライです。無事終わってよかった(*^▽^*)

感想。
難しかったけど楽しかった♪♪

1番はコストダウン目的だけど、いい思い出になりました✿

しかし、ドア本体よりも面積がずっと狭いから楽だろうという考えがどれだけ甘かったかを思い知ったわ~(^_^;)
本体の方が絶対楽!!!だってごちゃごちゃしてないんだもん。

とりあえず、本体のときは必ず塗装後に取付をするようにと何度も何度も念押しして帰りましたw

でもこの塗料、マステを貼ってはがしたり、水塗れスポンジでちょっとこすったりしただけでめっちゃ取れるそうで……(-_-;)
(数日後に電話で聞いた)
まずワックス必須、でもワックスを塗ったからといって強固に守られてるわけじゃなさそう。
塗料に混ぜた水の分量が多すぎたとか、ワックスがちゃんと塗れてなかったとか、私たちのやり方に問題があったのかもしれないけど…。
(最初にベタっと塗った脱衣所は大丈夫だそうなので、水の分量説が有力かもしれない。)
思っていたよりも扱いやすい塗料ではないのかな~とちょっと残念です。。。

そして丹精こめて塗った枠にボールペンの線がくっきりとついていたときは衝撃を受けました…。
私「なにこれ??……ボールペンだ…」
クロス屋さん「あ、ボールペンついてますか~?」(近辺で作業をつづけながらさらりと)

いやいやいや。何その態度。
(結局その部分だけ2回上塗をしたらわからなくなりましたが)

私「ワックスを端まで塗るとクロスがつきにくくなるとかありませんか?」
クロス屋さん「(壁にはみ出して塗っている箇所を指して)まぁこの時点でつきにくいんですけど(苦笑)」

いやいやいや。
それは技術が至らず申し訳ないとは思うけども。その態度どうよ。

どうもこのクロス屋さんは好きになれません。。。(-_-;)


ここまで読んでくださってありがとうございます。
良かったら↓をクリックしていただけると大変うれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
(別窓が開きますのでページ移動しません)

関連記事
スポンサーサイト
2015.02.20 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://frenchkawaiiouchi.blog.fc2.com/tb.php/48-19489ec5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。