FC2ブログ

2015.3.14念願のマイホームでの生活が始まりました。面倒くさがりでも暮らせる可愛いお家と日々のあれこれ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
キッチン、シンク編後半です。
シンクだけでも分けるってどういうこっちゃって感じですね、すみません(^_^;)

でもお気に入りの気持ちが強すぎるので単独で(笑)。

まずは再度シンクの全体像
DSCF2797.jpg
今回はこのPaPaPaシンク…いやキッチン最大のお気に入り

DSCF2757.jpg
【サイドデッキ+スライドネット】について語ります!!

これにひとめ惚れしてLクラス・リフォムスを選んだのですよ!!
(平均的な?シリーズの『ラクシーナ』ではPaPaPaシンクは入れられなかったので)

前回ご紹介した水栓デッキよりも更に一段下がったこの場所
もう本当にめっちゃ便利です(*^▽^*)

①水切りカゴとして使えるのに、シンクも作業台も狭くしない
食洗機を使ったって、結局手洗いは多少なりとも出ちゃいますよね。
じゃあ問題は水切りカゴ。
旧宅(賃貸)のシンクも単体で見ると割と広いじゃん♪と思ったんですよ。
でも水切りカゴを置くともう狭くて狭くて(-_-;)

でもこのスライドネット、サイドデッキにすっぽりとおさまるようになっているんですね。
■量が少ないときは、このままおさめた状態で水きり
■量が多い(もしくは大物がある)ときは、少し引き出して水切り
  (サイドデッキ部分も傾斜がついているので水切りとして使える)
⇒終わったらサイドデッキにおさめてスッキリ♪

オール手洗いの家庭ではこんな言い訳程度の水切りカゴもどきではどうにもならないでしょうが、食洗機を使っている我が家としてはこれだけ置ければ十分です。
これ以上多かったら『ちょっとスカスカだなぁ』と思いながらも食洗機回すめんどくさがりなので(笑)。

以前、お家ブロガーさんか整理収納ブロガーさんが「水切りカゴは使用後拭いて片づける」と書かれているのを見たことがあります。
その徹底ぶりに尊敬の念は抱きますが……私にはそんなこと絶対できません(・_・;)
だって一枚プレートとかならともかく、水切りカゴってどう考えても拭きにくいし。
だからと言って完全に乾いてないものしまうのは嫌だし。
そもそもめんどくさいし(笑)。

でもこのサイドデッキに収納できるスライドネット、ある意味同じことだと思うんですね。
いやシルバー見えとるがな、と言われれば「…ですよね~(^_^;)」としか言えませんけど(笑)。
見た目じゃなくてあくまでスペース的にね。

ちなみに姉はキッチンのシンク横(作業スペース反対側のキッチン端)に敢えて水切りカゴを置くスペースを確保してもらったそうです。
それを聞いていたので当初はその予定だったのですが、この構造で水切りカゴはいらないと判断したので中止しました。大正解♪


②調理スペースとして使える
サイドデッキ自体は一段下がっていますが、スライドネットとカウンターがちょうど同じ高さになるようになっていまして。
ネットとカウンターにまな板を渡して食材切ってます。本当に毎日。
まな板って基本的に濡れてません?
肉・魚と野菜は一緒にしないのは当然として、野菜でも食材変わるたびに包丁・まな板をざざっと水洗いしたり。
そんなカウンター上でまな板使うのが嫌だったんですよね(・_・;)
ていってもそれ以外の方法があるとは考えたこともなかったけど…。
それがまさかこんな方法があったとは!!と感動しました。
DSCF2799.jpg
だいたいこんな感じで使ってます。
…うそです。いつものはちょっとボロボロなので代理選手のまな板です(笑)。
旧宅ではこのまな板だったけど、木製は食洗機ではうまく洗えないと書かれていたので耐熱ポリプロピレン製に移行。
でも包丁を当てたときの感触や、あのトントントンといういい音が恋しくてこれに戻りたい今日この頃…

あと、洗ったけど切られる順番待ちの濡れた野菜がサイドデッキに置いておけるので便利です。
(この写真まな板奥に置きすぎた…いつもはもっと手前に置いてるので奥が空いてます。)
ジャガイモとか、何個かまとめて洗って順番に切っていくけど、旧宅ではその間どこに置こうかいつも困ってた。
結局無理やりまな板の隅に置いては転がって調理台濡れる…の繰り返し(笑)。

というような食材を直置きすること(&食材転落事件)を想定して、サイドデッキとスライドネットに関しては食器用スポンジで洗ってます。


③汚れてもささっと流せる
②の最後にも関連しますが、サイドデッキ部分は一段下がっているので水で流せます。
そこまで段差があるわけでもないので勢い良すぎると飛び出していきますが(笑)。

これが本当に便利で。
■揚げ物などの下準備でこぼれた小麦粉やパン粉
■土つきの野菜などを仮置きしたときの汚れ
■ホームベーカリーで焼いたパンをカットするときのパンくず
なんかがささっと流して終了なのでとても楽ちんです♪
不器用な私はとにかくいろいろこぼしまくるので、調味料を詰め替えたり、合わせたりもここでやってます(^_^;)
(液体調味料は量るときにドバッて出てきて困るわ…どうにかならんかな、私の手)

そして個人的に何より重宝しているのはほぼ毎日使う『卵』。
卵ってボウルの縁とかよりも平たい面で叩いて割った方がキレイに割れるっていいますよね。
でも不器用なせいか、結構な確率で叩いた面にちょっと白身がついちゃうんですね(^_^;)
縁で割ったときも同じく、器にたらりと垂れちゃって。
でもサイドデッキなら、白身ついちゃってもささっと流して終わり♪♪
お弁当&朝食で毎日のことなので、本当に助かってます(笑)。

ちなみにゆで卵の殻むきもサイドデッキでやってます。
水がこぼれたってへっちゃらなので^m^
少量の水で茹でられるフライパンを使ってるため、耐熱計量カップに水張って剥いでますが……びっちゃびちゃ水こぼれる(笑)。

シンクが空いてたらシンクでできることかもしれないけど、空いてなくてもできるってなかなかポイント高いと思うのです。


④熱いものが置ける
シンクは人大なので熱々お鍋NGですよね。
そんなとき便利なのがステンレスのスライドネット

■使用後のフライパンに水入れときたい。
  ⇒スライドネットの上に置いて水を入れて放置(食事中)
コンロに置いたまま水張ってもいいんだけど、いざシンクに持って行くときにこぼしそうで怖い…てかこぼした経験あり(-_-;)

■お鍋のお湯を捨てたいけどお鍋が重くてこわい
  ⇒スライドネットに鍋底をひっかけて重さを解消しつつお湯を捨てる(水を出してる状態で)
  これはパスタポットに立ち往生していた私に旦那サマが授けた案です。

あと熱くはないんだけど番外編として、やかんもここに置いて水を入れたりします。
……本当に腕の力ないんで、持って入れるとプルプルしてきちゃうんです(笑)。



私の感じる魅力はこんな感じでしょうか!!
カタログに書いてるのってちょっと漠然としてるから、実際に使っての具体例を書いた方がわかりやすいかな?と思ったら長すぎましたね(^_^;)
毎度毎度すみません。


ここまで読んでくださってありがとうございます。
良かったら↓をクリックしていただけると大変うれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
2015.10.30 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://frenchkawaiiouchi.blog.fc2.com/tb.php/95-12897351
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。